事務員の保育園日誌

保育園で働く事務員の日常や業務改善方法などを紹介します!

【簡単紹介!】大人も楽しめる絵本 随時更新

 

意外と楽しい「絵本」

ジス・イズ・ニューヨーク復刻版 (SPACE SHOWER BOOKS)

 

保育園で働いていると、子供向けの遊びやおもちゃに触れる機会が数多くあります。

 

そして当園で最も触れる機会が多いものが「絵本」です。

 

保育園では、それぞれのクラスの年齢に合わせた、絵本の準備、保管しています。

子供向けの絵本には多種多様なものがあります。しかし調べてみると意外にも、大人も楽しめるような絵本が数多くあることに気づきました。

そこで今回は少し趣旨を変えて、僕自身が購入して面白かった絵本を紹介したいと思います。

 

「ジス・イズ・シリーズ」

著:ミロスラフ・サセック 訳:松浦弥太郎

この2年、新型コロナウイルスの影響で私たちの生活は大きく変化しました。マスクの着用や手の消毒、人との距離を保つなど、今までの生活からは考えられないようなことばかりを求められます。

 

僕自身、こうした変化に加え最も辛かったのは、旅行に出かけられなくなった事です。以前は数ヵ月に1度、県外に小旅行に出かけたり、夏は必ず休暇をとって京都で過ごしていました。しかし、コロナの影響でこの2年ほどは、地元から出ることすら出来ません。

 

こうした旅行へ行けない苛立ちと、コロナへの鬱憤が溜まっている時に見つけた本が「ジス・イズ・シリーズ」です。

 

まるで旅日記

このシリーズは、筆者が旅をした世界中の国々を描いたものです。

この絵本の第一印象は「旅日記を絵本にした」というものでした。

というのも、この絵本にはしっかりとしたストーリー性があるわけではなく、むしろ著者から見た、国の街並みや歴史、文化、そこで暮らす人々の生活を中心に描いているからです。

 

そしてその絵にも注目です。

絵というよりも、レトロアートの様な描かれ方をしています。不思議なのは50年以上前に描かれた絵であるにも関わらず、そこに一切の古臭さは感じられず、どこか新しく、それでいてノスタルジックな雰囲気を感じさてくれます。

 

他にも、サンフランシスコやヴェニス、パリ、ロンドン等、様々な国を描いているので気になった国の絵本から読んでいくのもおススメです。

 

 

 

気軽に出かけられない今だからこそ、親子で一緒に楽しく、それとも一人でゆっくりと絵本で旅をしてみませんか?

 

「トムテ」

著:ヴィクトール・リードベリ 訳:山本 清子

 

 

「あなたの一番好きな絵本は何ですか?」

 

そう聞かれた時、皆さんは何と答えますか。誰にでも一つや二つ、好きな絵本があると思います。

僕の場合、真っ先に答えるのがこの「トムテ」です。

 

静かで幻想的で、、、

この「トムテ」とは、北欧のおとぎ話に出てくる妖精で、農家の守護神とされています。

 

そして、この絵本にも具体的なストーリー性があるわけではありません。

夜、皆が寝静まった頃、トムテがたった一人で、ある家(農家)の家族やそこに暮らす家畜を見守っている物語です。その為、農家の生活や文化の紹介など動的な展開はなく、淡々と静かに話が進んでいきます。

 

登場人物もトムテ1人だけですので、人によっては非常に物寂しい印象を受けるかもしれません。しかし、絵本に使用されている詩や絵の雰囲気も相まって「物寂しさ」ではなく「幻想的な静けさ」を感じ取れます。

 

眠れない夜、ゆっくりと過ごしたい夜におススメの絵本です。